ピカチュウ大量発生チュウ! 2019開催決定

 

今年もこの季節がやってきました。毎年夏に横浜市で行われるピカチュウ大量発生チュウ!のイベントです。

ピカチュウ2019 2
©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

開催6年目となる今年は主なプログラムが夜の時間帯に開催されるそうです。みなとみらいの美しい夜景とテクノロジーを生かしたピカチュウたちのパフォーマンスがみなとみらいエリアのあちこちで見ることができるそうです。

横浜市の報道によるとこのイベントで、ナイトタイムエコノミーの活性化も目指しているようです。

ナイトタイムエコノミーとは夕方から夜にかけての経済活動の事ですが、近年外国人旅行客から日本の商業施設は夜閉まるのが早いとの意見が多数挙げられているそうです。それに応えるためにナイトダイブエコノミーと言うことで夜間のイベントなどを増やしているところがあります。

横浜市はその流れに乗ってナイトタイムエコノミーの活性化を図っているようですが、もしかしたら昼間は暑すぎるためイベントのメインを夜間に持っていこうとしているのかもしれません。

そのせいか今年の開催期間は8月6日から12日までと従来の期間よりも前倒しになっています。過去のイベントの際はお盆休みに合わせた日程で開催されていました。

去年初めて行われた夜間イベントの様子はこちらです。

2018年の様子

横浜美術館前で行われたピカチュウたちのパフォーマンスです。去年はあくまでも昼間のイベントがメインでしたが今年は夜間がメインと言うことでさらにパフォーマンスがパワーアップすることが予想されます。

それに夜間にイベントを行うことで光のパフォーマンスがたくさん使えるようになります。光が使えると様々な表現が可能になるためこれはこれで大変期待できるんではないかと思っています。

 

プレスリリースでは以下の3つのイメージが紹介されています。

イメージ2019 1

LEDを駆使したピカチュウたちのパフォーマンスイメージ

イメージ2019 2

巨大な噴水を活用したパフォーマンスイメージ

イメージ2019 3

総勢 50 匹のピカチュウによるパフォーマンスイメージ

場所はそれぞれ横浜美術館前、横浜赤レンガパーク、臨港パークとみなとみらいの様々な場所でパフォーマンスが行われることがわかります。赤レンガ倉庫では例年水が出るイベントが行われていますので、今年も巨大風水と言うことで水のパフォーマンスになるのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました